Header image  
夏のお肌は紫外線などの影響でかなりのダメージを受けています。多くのひとが抱える悩みとは?!  
  

 
 
 

 
 
■汗・ニオイ■

熱いから汗が出るののは仕方ない・・・
でも、そのために必然的に出現するニオイの悩み。どうにか対処して夏を乗り切りたいものです。

そもそもなんで汗が出るのか??
それは熱さで上昇した体温を下げるためなんです。
だから体温を下げてあげれば自然と汗は引いてくるってこと。すなわち冷却することが効果的なんです。

かいた汗をそのままにしておくと汗ジミやニオイの原因になったりします。
冷却するポイントですが、体温調整する「褐色脂肪細胞」が集中している肩甲骨の間を冷やすのが効果的。


<セルフケア>

◆ワキを冷やして全身冷却
体温を効率良く下げるには御存知の通りワキなんです。
ワキには動脈が通っているので効果的なんです。
ワキ以外にも効果的な部位が首の周りです。
保冷剤などをガーゼなどでくるんで使用しましょう

お肌のトラブルはこちらを参考にしてください。
◆足の甲を冷やしてクールダウン
皮膚が薄くて太い血管がある足の甲や膝の裏、太もものつけ根を冷やすと◎。

◆シップの活用
肩甲骨の間を冷却シップで冷やすと、冷却効果が持続します。
外出時なんかも発汗効果があるのでオススメですよ。

◆巻物を活用
強い直射日光を受けやすい首元をストールなどの巻物でブロックすると、それだけで涼しく過ごせます。


脇汗を抑えるアイテムがこの時期人気です。
薄着故に、脇パットも付けれない・・・
そんな時におすすめなのがアルコール入りの制汗剤やプレケアに特化した制汗剤。
しかしながらこれらは一時的な効果しか期待出来ません。
もしも、もっと深刻に脇汗でお悩みならクリニックで施術しているボトックス注射などもオススメです。

ワキには、独特の匂いを出す「アポクリン腺」がありますがそのほとんどが無臭の「エクリン腺」なんです。
臭ってしまうのは、皮膚の常在菌が皮脂や角質などの栄養分を分解するからなんです。
書いた汗は放置せずにすぐに拭きとる!沢山汗を書いたらインナーを着替えるということでもけっこう対処できちゃうものなんですよ!


【オススメ消臭法】

●制汗剤
汗も抑えたいなら→クールタイプ
外出先なら→スプレータイプ
家を出る前なら→塗るタイプ
女子ドアップしたいなら→バラの香り

●拭き取りシート

●体の中からいい匂い→サプリやドリンク

●頭のニオイ→地肌の汚れをしっかりOFFできるシャンプーを使用